アーティスト紹介−KUMIKO HORIUCHI(堀内久美子)− 



長谷川潔がマニエール・ノワールと呼んだメゾチント特有の漆黒に
魅せられて4年間銅版画にのめり込みました。
創作テーマは「酸化(be oxidized)」
地球が酸素に覆われている限り、すべてのものは壊れ変化していきます。
新たな表現方法を習得し、今後もさらにつきすすむ世界です。

●メゾチント  [ Mezzotint ]

17世紀オランダで生まれた銅版画の技法のひとつ。
微妙なニュアンスを含んだ明暗の階調を表現することができる。

●長谷川 潔 [ はせがわ きよし | 1891−1980 ]

ヨーロッパでほとんど絶えるかにみえたこの接法を復活させ、
レンブラントやルドンの黒と肩をならべる「東洋の芳墨にも比すべき、
しぶい高雅な黒色」をインクからひきだしました。
それは技法の復活というより、あらたな発明と言えるでしょう。
 

経歴
1997年 吹田市展 佳作
2009年 サクラクレパス「全日本アートサロン絵画大賞」佳作
2010年 西脇市岡の山美術館「サムホール大賞」入選
毎日アートプランニング「プラチナアート大賞」入選

2011年 ギャラリエ6cにて 作品展「be Oxidized」開催


2012年 和歌の浦アートキューブにてグループ展「艶化」開催

2015年 大阪北浜芝川ビル内「MoleGallery」にて 作品展「be oxidized Noir」開催

http://mole-and-hosoicoffees.com/be-oxidized-noir/

活動内容
2012〜2015年 金沢市にある版画工房「創作の森」にて版画制作